マンションを一括購入で賢明な判断!審査不要の魅力を徹底解説

投資家たちが今、注目しているのはマンションの一括購入です。
この記事では、一括購入の流れとそのメリットについて解説し、投資判断に役立つ情報を提供します。
マンションを一括購入することで、財務的な利点を享受できるのです。

マンションを一括購入すると審査は不要!購入の流れを解説!

マンションの一括購入は、多くの賢明な投資家が注目する戦略です。
この購入方法の最大の魅力は、面倒な融資審査を回避できることにあります。
以下に、一括購入のステップを詳細に解説します。

1:物件の購入申し込み

まず、目当てのマンションを見つけたら、不動産会社を通じて購入の意思を伝えます。
現金での一括購入では、住宅ローンの審査が必要ないため、手続きは簡素化されます。

2:売買契約・手付金支払い

「重要事項説明書」を受け取り、内容を確認した上で売買契約を締結します。
この段階で、物件価格の一部を手付金として売主に支払います。
通常、物件価格の5~10%が相場です。

3:残代金の支払い・決済

手付金を差し引いた残代金の支払いを行います。
このプロセスは、関係者が一堂に会して行われるのが一般的です。
住宅ローンを利用する場合と比べ、迅速に進行します。

4:引渡し

残代金の支払いが完了すると、不動産の登記情報と鍵が引き渡されます。
この時点で、マンションはあなたの所有物となります。

マンション一括購入のメリットとは?

1:利息負担

まず、住宅ローンの利息負担が全くないことがメリットです。
長期間にわたる住宅ローンの返済では、利息が膨大な額に達するケースが多いですが、現金での一括購入では、この利息負担を完全に免れます。
具体的に、返済期間が35年で、借入金利が1.3%の場合、例えば借入元金が3,000万円なら返済総額は約37,356,480円、そのうち利息が7,356,480円にもなるのです。
このように利息が高額になるのを、一括購入では避けられるわけです。

2:諸費用の負担がない

さらに、一括購入では住宅ローンに関連するさまざまな諸費用も必要ありません。
住宅ローンを組む際には、印紙税や登記費用、保証料など、さまざまな追加費用が発生します。
これらの諸費用は、借入額や金融機関によって異なりますが、数十万円から数百万円にも上ることがあります。

例えば、借入金額に応じた登記費用がかかり、抵当権設定登記には借入金額の0.1%が必要になります。
また、保証料も、保証会社に対して住宅ローンの保証人となってもらうために必要な費用で、これもかなりの額になることがあります。
しかし、一括購入の場合、これらの諸費用は一切発生しないため、大幅なコスト削減が可能になるのです。

まとめ

マンションを一括購入することは、投資家にとって、財務的な負担を軽減しつつ、迅速な購入プロセスを享受できる大きな機会です。
住宅ローンの利息負担や諸費用が発生しないことは、長期的な資産運用において有利です。
この記事が、あなたのマンション購入の決断に役立つ情報を提供したことを願っています。

大手ハウスメーカー経験者・建築士・施工管理士の経験を持つ住宅・不動産の専門家が徹底サポートいたします。
山口市を中心に山口県全域で「築浅中古住宅を買いたい!」「新築建売を買いたい!」という方はぜひご相談ください

関連記事