中古住宅を購入したい!購入前にやることがあります!

中古住宅の購入は、新たな生活を始めるための大きな一歩です。

しかし、この道のりは複雑で、プロセスや必要な手続きに不慣れな方にとっては、多くの疑問や不安を抱えることがあるでしょう。
この記事では、中古住宅購入の流れと購入前にやるべきことについて紹介します。

中古住宅購入の流れ

中古住宅を購入する際は、以下のような流れで進めていきます。

1:売主への購入申し込み

まず、理想の住宅を見つけたら、売主に購入の意向を示します。
この際、不動産会社を通じて購入申込書に希望価格や条件を記載し、売主に提出します。
売主が条件を受け入れれば、契約日や条件の調整が始まります。

2:住宅ローンの事前審査

住宅ローンを利用する場合、事前審査が必須です。
金融機関は、ローンの利用を認めるかどうかを判断し、結果を提供します。
この審査では、買主の支払い能力が重要視されます。

3:重要事項の説明と売買契約

重要なのは、宅地建物取引士からの重要事項説明を受け、全ての点に納得した上で売買契約を結ぶことです。
この段階での疑問点や不明点は、契約前に解決しておく必要があります。
契約書に署名・捺印し、頭金と手付金を交付すれば、売買契約は成立します。

4:ローンの本申請と契約

審査を通過したら、住宅ローンの本申請に進みます。
申請には住民票や確定申告書などの書類が必要です。
また、団体信用生命保険への加入が一般的で、これに加入できない場合はローン審査に影響を及ぼす可能性があります。
審査を通過後、金融機関とローン契約を結びます。

5:決済と物件の引き渡し

最終的に残代金の決済を行い、物件の引き渡しを受けます。
この際、名義変更や登記手続きが同時に行われます。
引き渡しの際には、必要書類を司法書士に送付し、手続きを進めることも忘れてはなりません。

中古住宅購入前にやること

中古住宅の購入には、事前の準備が欠かせません。
購入前に確認すべきポイントには、ホームインスペクションの受診、購入費用の計算、引越し時期の計画などがあります。
以下で、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1:ホームインスペクションの受診

中古住宅では、目に見えない欠陥の可能性があるため、専門家による住宅診断を受けることが推奨されます。

2:購入費用の計算

住宅ローンの月々の返済額を含め、購入に必要な総費用をあらかじめ計算し、財務計画を立てることが大切です。

3:引越し時期の計画

現在の住居から新しい住宅への引越しをスムーズに行うために、購入時期と引越し時期を適切に計画しましょう。

4:重要書類の確認

重要事項説明書や売買契約書をしっかりと確認し、疑問点があれば契約前に解消しておくことが重要です。

まとめ

中古住宅を購入する際は、購入申し込みからローン審査、契約、最終決済までの各段階を理解し、ホームインスペクションの受診や購入費用の計算などの前準備を行うことで、プロセスをスムーズに進められます。
中古住宅の購入は大きな決断ですが、適切な準備と理解をもって進めば、新しい生活を安心してスタートさせられるでしょう。
また、当社では大手ハウスメーカー経験者・建築士・施工管理士の経験を持つ住宅・不動産の専門家が徹底サポートいたします。
山口市を中心に山口県全域で「築浅中古住宅を買いたい!」「新築建売を買いたい!」という方はぜひご相談ください。

関連記事