固定資産税は免除されることがある?その条件を解説します!

都市や建物を所有している方にとって、固定資産税は負担の大きい税金ですよね。
しかし、固定資産税は免除される場合もあることをご存知でしょうか。
固定資産税は、その性質を正しく理解し、適切な対策を行うことで、賢く資産を管理する手助けとなります。

そこで今回は、固定資産税の基本知識と免除条件について解説します。

固定資産税とは?

固定資産税は地方税の一種で、毎年市町村に納める税金です。
1月1日時点で土地や建物などの固定資産を所有している人が対象となります。
この税金は、固定資産の評価額に基づいて計算され、その税率は基本的に1.4%です。

ただし、地方によってはこの税率に若干の違いがあります。

1:固定資産税の対象

固定資産税の課税対象には、土地、家屋、償却資産が含まれます。
家屋は時間が経つにつれて価値が下がることが一般的ですが、土地の価値は位置や周辺の開発状況によって上がることもあります。

2:固定資産税の計算方法

評価額に基づいて、固定資産税は計算されます。
例えば、評価額が1000万円の家屋に対して、1.4%の税率で計算すると、年間の固定資産税は14万円となります。

固定資産税の免除を受けるための条件

固定資産税は一定の条件を満たすことで免除を受けられます。
ここでは、その条件を具体的に解説します。

固定資産税課税標準額が免税点未満の場合

固定資産ごとに設定されている免税点に満たない場合、固定資産税は課税されません。
例えば、土地が30万円未満、家屋が20万円未満、償却資産が150万円未満の場合、それぞれが免税の対象となります。

固定資産が公共の用に供されている場合

自治体や学校法人が固定資産を所有し、その用途に従って使用している場合、固定資産税の免除を受けられます。
また、個人が所有する不動産が公共物として利用されている場合も免除の対象となります。

被災して損壊した固定資産を所有している場合

災害により固定資産が損壊した場合、一定の条件を満たすと固定資産税が免除されます。
例えば、全壊した建物や、流出、埋没した土地などが条件に該当します。

まとめ

固定資産税の基本から免除条件までをよく理解し、これを活用することで、効果的な資産管理を行うことが重要です。
今回の情報をもとに、自宅の固定資産税が免除になるか確認してみてくださいね。

当社では、大手ハウスメーカー経験者・建築士・施工管理士の経験を持つ住宅・不動産の専門家が徹底サポートいたします。
山口市を中心に山口県全域で「築浅中古住宅を買いたい!」「新築建売を買いたい!」という方はぜひご相談ください。

関連記事