中古マンションが安くなる時期とは?購入するメリット

中古マンション購入を検討している方々にとって、最適な購入タイミングとコストパフォーマンスの高い物件選びは重要な課題です。
人生において適切なタイミングと安くなるタイミングの両方を考慮したいですよね。

そこで今回は、中古マンションが特に安くなる時期とそのメリットについて深掘りし、購入計画を最適化できる情報をお伝えします。

中古マンションを購入するメリット

中古マンション購入の最大のメリットは、何といってもそのコストパフォーマンスです。

購入費用を抑えられる

中古マンションの最大の魅力は、その購入費用の低さにあります。
築年数が経過した物件は価格が新築時の約70%からさらに下がることが一般的です。
例えば、築26年から30年のマンションは、新築時と比較して約3割の価格まで落ち込むことも珍しくありません。

さらに、購入後に600万円から1000万円でフルリノベーションを施すことで、新築同様の快適な住空間が手に入ります。
これにより、新築に比べて大幅なコスト削減が実現可能です。

売却時に値下がりしにくい

中古マンションは一度価格が落ち着いているため、新築のように大幅な値下がりが起こりにくいのが特徴です。
市場価格が安定しているため、将来的に売却する際も予測しやすく、投資としてのリスクを抑えられます。

特に人気の立地であれば、需要が常にあるため、価値が回復する可能性もあります。

立地を自由に選びやすい

新築マンションの場合、好立地に空きが少なく選択肢が限られがちですが、中古マンション市場ではさまざまな選択肢があります。
これにより、自分や家族のライフスタイルに最適な地域、通勤や通学の便、生活環境を重視した選択が可能です。

また、古いマンションでもリノベーションにより、最新の設備を取り入れられるため、住みやすさを自分の手で加える魅力もあります。

中古マンションを買うべきタイミングとは?安くなる時期はある?

中古マンションの価格は、さまざまな要因により変動しますが、特に閑散期には価格が下がりやすい傾向にあります。

1:閑散期はチャンス

不動産市場では、新生活が始まる春や異動シーズン以外の7月〜8月と11月〜12月を閑散期と呼びます。
この時期は需要が落ち着くため、価格交渉が有利になり、より良い条件で購入できる可能性が高まります。

2:個人のライフステージを考慮する

また、個人のライフステージに合わせたタイミングでの購入も重要です。
結婚や子どもの成長など、家族構成の変化に合わせて住宅を購入することで、無理なく長期的な住み替えを行えます。

まとめ

中古マンション購入のメリットと最適な購入タイミングを踏まえることで、得られるメリットが大きい状態で購入可能です。
築年数による価格のメリット、売却時のリスクの低減、豊富な立地選択肢を活かし、ご自身のライフスタイルや将来の計画に最適なマンションを見つけましょう。

当社では、大手ハウスメーカー経験者・建築士・施工管理士の経験を持つ住宅・不動産の専門家が徹底サポートいたします。
山口市を中心に山口県全域で「築浅中古住宅を買いたい!」「新築建売を買いたい!」という方はぜひご相談ください。

関連記事