中古住宅を購入したい方へ!境界確認が重要です!

中古住宅購入は一大イベントですが、その一歩を踏み出す前に、重要なチェックポイントがあります。
それは「境界確認」です。
この小さなステップが、将来のトラブルを防ぎ、安心して住まいを得るためのカギとなります。
この記事では、境界確認の重要性、そして境界において起こりうるトラブルとその対策について紹介します。

中古住宅購入時には境界確認が重要!

境界確定の必要性

境界確定の有無は、中古住宅購入における最も重要なチェックポイントです。
境界が不明瞭な場合、法的な紛争や隣地とのトラブルの原因になることがあります。

個人購入時の課題

特に、個人で中古住宅を購入する場合、境界標のみを頼りにすることが多いですが、これはリスクを伴います。
境界標が正確な位置にないと、土地の所有権に関するトラブルに発展する可能性があり、将来の平穏な生活を脅かすことになりかねません。

境界に関する誤解とその危険性

多くの人は、物理的な境界(例えばブロック塀)を所有権の境界と誤解しています。

しかし、これは大きな間違いです。
物理的な境界と法的な境界(筆界)は必ずしも一致しません。
この誤解により、所有権に関するトラブルが生じることがあります。

中古住宅で起こりうる境界問題と解決策について

1:認識の相違と解決策

よくある境界問題は、隣地との認識の相違です。
誤った境界認識は、土地家屋調査士による土地境界確定測量で解決可能です。
正確な境界の把握は、良好な隣人関係を築く上でも重要です。

2:登記面積の確認

登記面積と実測面積の不一致も見逃せません。
土地家屋調査士による測量で正しい面積を確認し、必要に応じて地積更正登記を行うことが推奨されます。

3:隣地の人との関係

中古住宅購入では、隣地の人々との関係も重要なファクターです。
境界確定時には、隣地の人とのコミュニケーションが不可欠で、この過程で隣人との関係を理解する良い機会になります。

4:越境問題の対処法

越境問題、特に樹木や建築物が境界を超えている場合は、土地境界確定によって明確にすることが重要です。
事前にこれらの問題を解決することで、平穏な住環境を確保できます。

まとめ

中古住宅購入において、境界確認は避けて通れないステップです。
境界の明確化は、将来のトラブルを避けるために不可欠です。
境界問題の予防として専門的なアプローチを取り入れ、購入する土地の正確な境界を把握しましょう。
大手ハウスメーカー経験者・建築士・施工管理士の経験を持つ住宅・不動産の専門家が徹底サポートいたします。
山口市を中心に山口県全域で「築浅中古住宅を買いたい!」「新築建売を買いたい!」という方はぜひご相談ください。

関連記事