マンションを購入するおすすめの時期はいつ?住宅ローンから考えよう!

将来設計について考えるなかで、安定した生活を望むサラリーマンや家族持ちの方々が、住宅購入を考えるタイミングについて悩むことは多いです。
特にマンションの購入を検討する際には、年齢や収入、家族構成を考慮して最適なタイミングを見極めることが重要です。

この記事では、マンション購入の最適な時期と資金計画の立て方を解説し、皆さんの購入計画に役立つ情報を提供します。

マンション購入の時期はいつが良い?

年齢と収入を考慮したマンション購入のタイミングについて考えます。

30代から40代での購入がおすすめ

1:収入の安定と増加

この年代では、職業経験も増え、職位が上がることで収入が増えるため、大きな買い物であるマンション購入が現実的になります。
令和元年度の「住宅市場動向調査報告書」によれば、この年代がマンション購入者の大部分を占めています。
収入が安定していることから、長期にわたる住宅ローンの返済計画を立てやすいという利点があります。

30年超の長期ローンを組むことが一般的で、年収400万円以上の世帯が購入しやすいです。
この時期に購入することで、完済年齢も適正に保てるため、安定した返済計画を立てられます。

2:家族計画との兼ね合い

多くの場合、30代から40代は家族を持ち、子どもの教育や将来の計画を具体的に考える時期です。
このため、教育機関の近くや子育て環境が整った地域でのマンション購入を考える家庭が多いです。
また、家族が増える可能性を見越して、部屋数や住環境を考慮した物件選びが可能です。

マンションの購入は住宅ローン返済から考えるのがおすすめ

住宅ローン返済と健康状態を考慮した購入タイミングについて解説します。

1:返済期間と年齢の関係

住宅ローンの返済期間は最長35年ですが、返済期間中に健康状態が維持できるかが重要です。
若いうちに購入し、健康状態が良好な時期にローンを組むことで、将来的なリスクを減らせます。

2:賃貸との比較

賃貸住宅に住み続ける場合、家賃は終身にわたって支払う必要がありますが、住宅ローンは完済すればその負担がなくなります。
このため、若いうちに購入して完済を目指すことで、将来的に住宅費の節約が見込めます。

まとめ

この記事では、マンション購入の最適なタイミングとして、30代〜40代の収入増加期と健康状態を考慮した時期をおすすめしました。
住宅ローンの返済計画をしっかり立て、早めの購入を検討することで、将来的な金銭的、健康的リスクを減らせます。
計画的にマンション購入を行うことで、安定した家庭生活を送れますよ。

当社では、大手ハウスメーカー経験者・建築士・施工管理士の経験を持つ住宅・不動産の専門家が徹底サポートいたします。
山口市を中心に山口県全域で「築浅中古住宅を買いたい!」「新築建売を買いたい!」という方はぜひご相談ください。

関連記事