年収別で見る住宅ローン減税の全貌!あなたに最適な住宅計画の立て方

住宅購入は人生の大きな決断の一つです。
しかし、多くの方が経済的な知識に自信がなく、特に住宅ローン減税の複雑な仕組みに悩まされるでしょう。
この記事では、住宅ローン減税の要件と年収がどのように影響するのかを、分かりやすく解説します。
住宅購入計画を立てる際の重要な指針となることでしょう。

住宅ローン減税に必要な年収の基準とは?

1:所得制限の詳細

住宅ローン控除を受けるためには、年収(正確には合計所得金額)に制限があります。
控除を受ける年の合計所得金額が2,000万円以下でなければなりません。
これは、年収から経費を差し引いた後の金額で、年収がそれ以上であれば、基準額も上がることに注意が必要です。

2:住宅の床面積と所得制限

住宅ローン控除を受けるには、購入住宅の床面積が40平米以上必要です。
40平米以上50平米未満の場合、所得制限は1,000万円以下となります。
これは、高所得者がコンパクトな住宅を投資目的で購入することを防ぐためです。

3:返済期間と特別控除の影響

借入金の返済期間が10年以上必要です。
10年未満では控除を受けられません。
また、入居した年とその前後2年の間に他の家を売却して特別控除を受けていないことも条件です。

年収から計算!あなたの住宅ローン減税額

税額とローン残高の確認

自身の所得税・住民税額を把握し、住宅ローンの年末時点での残高と控除率を計算します。
Aさんの場合、年収550万円で借入額4,000万円、固定金利1.3%の条件で計算すると、毎年の控除額がどのように変動するかが分かります。

最大控除額の確認

購入した住宅の種類によって、借入限度額と控除率が異なります。
これにより最大控除額が決定します。
例えば、Aさんの場合、省エネ基準適合住宅を令和6年に購入した場合、1年あたりの最大控除額は21万円になります。

控除額の決定

所得税・住民税の金額、年末ローン残高×控除率、最大控除額の中で最も小さい額が、その年に受けられるローン控除の金額となります。
初年度は所得税+住民税の金額が最も小さいケースが多いのですが、以降は年末ローン残高×控除率が最も小さくなる傾向が見られます。

まとめ

この記事では、住宅ローン減税の受け方と年収が住宅購入計画に与える影響について解説しました。
住宅ローン控除には所得制限があり、住宅の床面積や返済期間も影響します。
また、自身の年収を基に、実際にどれだけの減税額が見込めるかを計算する方法を紹介しました。

これらの情報を活用して、賢い住宅購入計画を立てられます。
住宅購入は一生に一度の大きな決断です。
十分な知識を持って、最適な選択をしてください。

大手ハウスメーカー経験者・建築士・施工管理士の経験を持つ住宅・不動産の専門家が徹底サポートいたします。
山口市を中心に山口県全域で「築浅中古住宅を買いたい!」「新築建売を買いたい!」という方はぜひご相談ください。

関連記事